2015年 オリジナル楽器の製作開始!


1995年工房設立し2015年7月、20年を迎えました。
オリジナル楽器の製作を本格的に開始致致します。
無名の工房ですが、当方の製作した楽器を使用してライブやレコーディングで使用、
演奏される事を願って製作していきますので、弾かない方はご遠慮下さい。
(そもそも、高級楽器、ブランド志向の人には見向きもされていませんが)

当方の楽器作りは、いわゆる日本人が作る楽器とは違います。
残念ながら綺麗に、きっちり、しっかり製作する事が出来ません。
修理が本業なので製作に対する機械も揃っていないし、手作業が多くなり人も
少ないし、そもそも自分が綺麗に作る事に向いていないのです。すみません。
その代わり、弾いていて気持ち良い楽器、ついつい弾いてしまう楽器を考えて今まで
製作してきて、携わった方々にもそのような評価を頂き自負しております。その方々からも綺麗、きっちりしていない事は指摘され、でもそれが良い、綺麗な音は求めてい
ない等々、当方と同じ価値観や楽器に求める事と音が近い人に選ばれてきました。
類は友を呼ぶのでしょうか、弾いて判断する方々に選ばれてきた楽器なので、
見た目の綺麗さや、材料、パーツの付加価値、など気にする方には不向きです。
 
基本的に、出したい音を最初に考えて製作する事はありません。
こんな木で、こんな感じで組み合わせるとどうなるか先に設定して製作。
組み上がった後に、パーツ、PUを選んで組み上げた後に音の確認をし、PUは
合わなければ交換し、合う物を選定していきますので、手間ですが一番良い形
で音が確実に、正確に決定出来ます。 いくら同じ種類の木でも、製作する前に
産地、時期、状態の違う木で同じ音が出る事は無いので、音を想定することは
無理だと考えます。当方の場合、全く同じ木から表板用の材を数枚製作して
在庫しています。その材で製作した場合のデータを残し、どの様な音が分かれ
ば、次にその材で製作するときに、ある程度正確に想定できます。

製作する際に、通常使用される木目の導管を埋める為のウッドフィラーは
使用していません。綺麗な平面、塗装の効率化など使用するメリットはあります
が、音に関してはデメリットが大きいと考えているからです。
ですので仕上がりは悪く、導管跡など残ってしまう部分があります。
ウッドフィラーを使用することにより、音が変わるなど支障があるので、
それならば使用しない方が良いと考えています。偏屈ですみません。


特に、ネックの作りに力を集中しています。
楽器の命でもあるネックは弾き心地や音に影響しますので、本当に大事なのです。
基本的にネックの状態で数年、時には10年以上放置することもあります。本当に何も
せず放置するので、製作して時間が経たないうちは少し動きますが、一度調整すれば数年は動かないネック作りが出来ていると自負しております。

当方の材料は、材木業者の方にお任せしております。
独立する前から取引をさせて頂いている「アイチ木材」から殆ど仕入れています。
材料の状態で叩いて音を確認する事は、意味が無いと思っているので一切やりません.
アコギの材料ならまだ分かるのですが、ソリッドでエレキの材料を叩いても・・・・・・
かなりの量を削るし、掘るし、厚みも形も変わるし、結局エレキだし・・・・・大まかな特性
はあるので、ある程度の判断はしますが専門家に任せて注文しています。
(水分の含有量や節や空洞の確認の為、叩いて確認します。)
当方では、BODY、NECKの形状にした状態で数年ほど放置します。塗装終了後に数年
放置する事もあります
そうする事で、新品状態でも響きが変わるので。

また、同じ物を作る事(量産)は出来ませんので、一期一会と言う考えの基
その時々で考えて、出したい音、作りたい楽器を製作。
日本の中で感性に合った一人の方に購入して頂く事を願って製作していきます。

新品なのに手に取った瞬間ストレス無く弾け、
まるで数年使用して馴染んだ楽器のように仕上げています。
弾いていて疲れず、いつの間にか数時間弾いてしまう。
すぐそばにあり、手が伸びてまた弾いてしまう。
そんな楽器を心がけて製作してきました。


決して綺麗ではないギターですが、弾けば弾き心地、鳴りや響きに納得して頂ける
事と思います。あくまでも、ライブ、レコーディングなど演奏することで真価を発揮
する楽器達なので。
また、製作したまま使用することはありません。PU、パーツ等の交換、
時と共に好みに合わせて改造なども歓迎です。
そうして、永く使って頂きたいと思います。


あくまでも、人が作った温かみの有る楽器を作っていきます。



問い合わせ
 デタッチャブルタイプ 151A-TSSPシリーズ 
 
 
G社のスペシャル(マホボディにP90)とF社のBODYを基本としてアレンジしました。
「T.S SPECIAL」という感じでしょうか。
Guitar/Bass 共通事項
 「基本仕様」                           
NECK : ハードメイプル 1P/インドローズ指板 300R 22f、
    オリジナルヘッドシェイプ、積層構造。 
    
BODY : アレンジボディシェイプ。

FINISH : 下地 ウレタンサンジング、 上塗り ウレタン、またはラッカー

PickUp : T.S factory ORIGINAL、Freedom CGR、Q-PickUp、S/DUNCAN、
     Dimazio、OnlyMusic、等から選択しています。 
                 

製作した物から更新中。 
 151A-TSSP Type1 Guitar/Bass \180,000-(税込み\194,400-)
     
151A-TSSP1 001
¥194,400-
(inTAX)
  
TC楽器にて展示中
  151A-TSSP1 002
SOLD(inTAX) 
 
 151A-TSSP Type2 Guitar/Bass \200,000-(税込み\216,000-)
 
151A-TSSP 001
SOLD(inTAX)
 
151A-TSSP 003
¥216,000-(inTAX)
TC楽器にて展示中
 
151A-TSSP 005
¥216,000-(inTAX)
  
 151A-TSSP 2017/8/1 新シリーズ販売開始
       集大成第一弾として、新規シリーズを製作開始しました。
 今までの経験から、表板は4mmが材料の特製が効果的に出ると考えており、加えてホロー構造に
することでより効果が出て、音にも良い影響があり軽量化も図れるのでそのように製作を開始。
表板は一般的な材木屋から国産材を中心に大きな板を仕入れて、良き所を切り出し人工乾燥し、
その後は自然乾燥します。楽器関係の材木では綺麗すぎてつまらないので、あえて「木」らしい
木目や材料を選んで、音を想像しながら選択し使用していきます。
また、デザインも考慮して、表板と裏板の間にはつき板を張りラインだしをしました。
基本的に1本1本、材料、音、デザインのバランスを考えて製作していくので、同じ物は製作
しません。一期一会(151A)なので、あしからず。

今回から、表板に使用する材は大きな板で仕入れて、3から5枚分程度全く同じ材から製作します。
これにより、どの材でどの様な音が出るのかデータを取り、違う材の組み合わせや、同じ材でも
PUやパーツなどで音の違いを作り出すことに確実性が出てきます。
同じ材料でも、時期、産地、等で全く変わりますので、全てが同じ材からどの様な音が出るのか
形にして確認できる事は大事です。
この考え方はALEMBIC社の真似です。あるミュージシャンの方からALEMBIC社に行った時に
聞いたそうで、「同じ薄い板が何枚もストックされデータを取り、同じ組み合わせで同じ音を
作り出す事を可能にしている。」と。

Guitar/Bass 共通事項
 「基本仕様」                           
NECK : ハードメイプル 1P/インドローズ指板 300R 22f、
    オリジナルヘッドシェイプ、積層構造、新生マッチングヘッド。 
    
BODY : 表板 4mm/つき板 0.5、1mm、1.5mm(1〜2枚)/裏板 35〜40mm。
    アレンジボディシェイプ。オリジナルホロー構造。

FINISH : 下地 ウレタンサンジング、 上塗り ウレタン、またはラッカー

PickUp : T.S factory ORIGINAL、Freedom CGR、Q-PickUp、S/DUNCAN、
     Dimazio、OnlyMusic、等から選択しています。 
                 
 
 
151A-TSSP Proto 
¥237,600-(inTAX)

UNDERNEATH展示中
151A-TSSP Proto
¥237,600-(inTAX)   

銀座山野楽器にてSOLD
 151A-TSSP Proto
¥259,200-(inTAX)
   
   
151A-TSSP Proto
¥237,600-(inTAX)
   
UNDERNEATH展示中
151A-TSSP Proto
¥248,400-(inTAX)

  151A-TSSP Proto
 ¥248,400-(inTAX)
   
     
 151A-TSSP Proto
¥259,200-(inTAX)

EBISUGANGにて展示中
151A-TSSP Proto
¥270,000-(inTAX)

銀座山野楽器にて展示中
151A-TSSP Proto
¥270,000-(inTAX)
 UP!
151A-TSSP 001
¥259,200-(inTAX)
   
151A-TSSP 002
¥270,000-(inTAX)
   
151A-TSSP 003
¥237,600-(inTAX)
   
151A-TSSP 004
¥237,600-(inTAX)
   
銀座山野楽器にて展示中
151A-TSSP 005
¥248,400-(inTAX)
  
UNDERNEATH展示中
151A-TSSP 006
¥259,200-(inTAX)
   
151A-TSSP 007
¥248,400-(inTAX)
   
SOLD
151A-TSSP 008
¥291,600-(inTAX)
   
銀座山野楽器にて展示中
151A-TSSP 009
¥270,000-(inTAX)
   
UNDERNEATH展示中
 151A-TSSP 010
¥270,000-(inTAX)
   
151A-TSSP 011
¥237,600-(inTAX)
  
  TC楽器にて展示中
151A-TSSP 012
¥237,600-(inTAX)
    
UNDERNEATH展示中
   
 151A-TSSP 013
¥259,200-(inTAX)
    
TC楽器にて展示中
 151A-TSSP 014
¥286,200-(inTAX)
  
銀座山野楽器にて展示中 
 151A-TSSP 015
¥280,800-(inTAX)
   
銀座山野楽器にて展示中
     
     
    展示場所が無い物は
T.Sfactoryにて展示中
 


 デタッチャブル オリジナルタイプ 151A-humanityシリーズ 
 
                   
このオリジナルシェイプは1995年には完成していたのですが、独立したての
若造がオリジナルを製作しても見向きもされないし、経験不足なので良い物が
出来るわけ無いと気づき、身の程を知り修理業に絞って仕事をしてきました。
20年経ち、そろそろ良い頃かと思い正式に販売する事にしました。

基本的に何でどう作るか、製作するまで分かりませんが。

只今、構造など大きく変更中につき、もうしばらくお待ち下さい。かなり変わります。 
  151A-Humanity 2018 正式に製作販売開始します。
151A-Humanity Type1 
「基本仕様」                           
NECK : ハードメイプル 1P/ローズまたはメイプル指板 22f、
    オリジナルヘッドシェイプ(ウリン、イペなどのヘッド裏プレート)。

BODY : ソリッド、オリジナルボディシェイプ。

FINISH : オールラッカー塗装。

PickUp : T.S factoryオリジナルPU,Freedom PUなど各種。
 Type1は、F社の仕様を基本としたモデルです。BODY材は2Pソリッドが基本で、
王道のアルダー、アッシュからマホガニー、ウォルナットなども。
 
   151A-Humanity Type1
 
¥259,200-
(inTAX)

With Soft Gig Case

 
 151A-Humanity Type1-b
 
¥259,200-
(inTAX)

With Soft Gig Case
 
       151A-Humanity Type1-b
 
¥259,200-
(inTAX)

With Soft Gig Case

  
 151A-Humanity Type2
 「基本仕様」                           
NECK : 材料、仕様はその時々で選択していきます。
    オリジナルヘッドシェイプ(ウリン、イペなどのヘッド裏プレート)。

BODY : 材料はその時々で選択していきます。
    オリジナルホロー加工、オリジナルボディシェイプ。

FINISH : オールラッカー塗装。

PickUp : T.S factoryオリジナルPU,Freedom PUなど各種。
 Type2は、今まで無かった仕様の楽器を製作していきます。基本的に大きな
材料を仕入れて、同じ材料からネック、ボディ、指板材を取りなるべく同じ振動
特性を持つ材で楽器を構成していきます。
 
   151A-Humanity Type2
 
¥-
(inTAX)

With Hard Case

  
   151A-Humanity Type2
 
¥-
(inTAX)

With Hard Case

  
       


 セミアコタイプ 151A-SAシリーズ 
 
 
                   
G社のES335を基本としてアレンジしました。
センターブロックは穴加工をして音の通り道と軽量化、
材質はスプルースとマホガニーの2種類から音に合わせて選択。
基本の重さはギターは3000g以下、ベースは3500g以下に設定していますが、
多少の誤差はご了承下さい。
BODY材は、通常使用されない材料を選択していきますが、割とセミアコのサイズ
が取れないのでその都度、材料屋さんに迷惑をかけながら探していきます。

 「基本仕様」                           
NECK : ホンジュラスマホガニー1P/ローズ指板 240から300Rの円錐状 22f、
    オリジナルヘッドシェイプ。

BODY : ローズ、コア、ブビンガ、バールマホガニー、メイプルなど。

FINISH : ウレタンサンディング下地、ラッカー塗装、またはオールラッカー塗装。

PickUp : T.S factory ORIGINAL、FREEDOM、S/DUNCAN、GIBSONなどから選択。
                 
151A-SA  2017/11/1 新シリーズ販売開始  
 
 151A-SA PROTO ROSE
¥378,000-(inTAX)
UP!
151A-SA PROTO ESLP
SOLD
  151A-SA PROTO MAPLE
¥367,200-(inTAX)

TC楽器にて展示中
   
  151A-SA PROTO MAPLE
SOLD
151A-SA PROTO ESLP
70/80'S Vintage Sunburst

¥378,000-(inTAX)
 UP!
EBISUGANGにて展示中
 展示場所が無い物は
T.Sfactoryにて展示中
 
     
 151A-SA #001 IndianRose
¥378.000-(inTAX)

銀座山野楽器にてSOLD
 151A-SA #002 KOA
¥388.000-(inTAX)
  
銀座山野楽器にて展示中
 151A-SA #003 ESLP Maple
¥378.000-(inTAX)

銀座山野楽器にて展示中
     
151A-SA #004 ESB Rose
¥378.000-(inTAX)
151A-SA #005 Burl Mahogany
¥378.000-(inTAX)
 
151A-SA #006 ESB Jacaranda
¥388.000-(inTAX)
 
    展示場所が無い物は
T.Sfactoryにて展示中
 
 

セットネックタイプ 151A-LPシリーズ  
 

 G社のLPを基本としてアレンジしました。
ロングスケールとミディアムスケールで製作。通常のメイプル/マホの構成に、表板のセンター部分
に違う材をはめ込み、その下は軽量化と響きを考慮してホロー加工しています。

  
151A-LP 2017/11/1 新シリーズ販売開始  
   
151A-LP Proto Wenge Maple
¥345,600-(inTAX)
  
EBISUGANGにて展示中
   展示場所が無い物は
T.Sfactoryにて展示中
 
 
     
151A-LP #001 Bbinga Maple
¥345,600-(inTAX)
   
銀座山野楽器にて展示中
151A-LP #002 Ziricote Maple
¥345,600-(inTAX)
   
銀座山野楽器にてSOLD
 

楽器
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved