Fender Twinreverb

※基本の回路はそのままでチューンナップをしました。
当方で考えるチューンナップとは、ズレているパーツや経年変化による経たりの有るパーツなどを当方で計測してマッチングした物に交換、フェイズインバーター回路を安定させ、バイアス回路をより正確な作用になるように変更、電源部の強化をしてそのAMP本来の音を出すことです
今回はフェイズインバーター回路のマッチング、バイアス回路に電圧可変出来るようにトリマを追加、ハムバランサーPOTの交換、真空管はSOVTEK 5881/6L6、12AX7、12AT7を使用し全交換。SPケーブルをGL’sに、JACKをMIL-SPECに交換し、音の向上を図ります。今回は、電源のコンデンサーに問題がないので交換していません。

※このAMPは、後半の135Wの物です。いわゆるSILVER FACEより音圧があり、細い感じや硬いという事はありませんので、使える本当のFender 70’sAMPです。SPは問題ないので交換しません。

再生工場
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved