Fender DualShowman
※基本の回路はそのままで、当方の考えるチューンナップをしました。
当方で考えるチューンナップとは、ズレているパーツや経年変化による経たりの有るパーツなどを当方で計測してマッチングした物に交換、フェイズインバーター回路を安定させ、バイアス回路をより正確な作用になるように変更、電源部の強化をしてそのAMP本来の音を出すことです。よりよくするには、ハムバランサー回路の取付、電源ケーブルをBELDEN、ホスピタルグレードプラグに交換、JACKをMIL-SPECに交換し音の向上を図ります。今回はフルコースで行っております。

※このAMPは悪いイメージのSILVER FACEより、全音域が上がっていて使える本当のFender 70’sAMPです。
SPにもよりますが、クリーンな音はしっかりしていてVOL 7、8からのナチュラルドライブはグッと来ます。

再生工場
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved