Supersub No8-tl

  CTS-POT 250KAにPUの線を全体に使用。KESTERの銀入り半田で配線。CAPは1960's
  SPRAGUE 0.03uf、MIL-Spec SW-CRAFT JACK使用。
  写真のように、実際は0,048なのです。このように昔のコンデンサーはズレがあります。
  今まで診てきたOLDのCAPを測ると、実際にはずれていて0,022の表記なのに0,042
  や0,012などありました。参考までに。









「仕様」
NECK  ハードメイプル/インディアンローズ指板184R ドットポジション21F
 GOTOHクルーソンタイプPEG、オールラッカー塗装、半艶仕上げ。
BODY  スワンプASH 1P、アイスメタリック、オールラッカーちょい傷仕上げ塗装。
 TSステンレス 3WAY BG
、LindyFrailin Broadcaster SET PU、CTS
 250KA/OAK 5WAY SW、国産プラスチックパーツ、ノブ。
 今回はスワンプアッシュの1Pが永い事眠っていたのでFenderのレアカラーで制作しました。
 色やけ、傷をそれなりに着けまして、それなりの使用感を出してみました。年代として
 は50年代と60年代の合体仕様になりましたが、この組み合わせはかなり良い物ですよ。
 手にとって弾いてもらえば、納得の「鳴り」がありますのでご体験ください。

Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved\\\\\\