比較的ある、スタッドが倒れてボディ割れです。
表面に1ミリの付き板が貼ってあるので、取り除いてマホ材部分の修理に入ります。

 マホ部分の接着が終わり付き板を戻し、元穴より大きな穴をあけます。
このとき強度を考えて少し前目にずらしてあけます。
 次に埋木をして、ノミで整形し元の位置にスタッドを埋めます。埋木をずらすことで、壁が出来補強になります。

 とりあえず、色を付けて組み直していきます。今回は、塗装がないのでこの様な感じです。


修理 2004-2006
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved