今回は、鼈甲セル素材の付き板の交換です。80年代までの多くの鼈甲柄はセルの成分が
多いので、この様に自己発熱して砕けてしまうのです。注意しましょう。
 今回は、エボニーの付き板に交換します。インレイもそのまま使います。

 まず、慎重に剥がしていきましょう。
この様な場合は割と隙間があるので、その部分から広げていきます。

 慎重に、インレイを取り除いていきます。
面倒くさい作業ですが、有り難いことに厚みがあったので何とか綺麗に取れました。

 さて、付き板の制作です。
まず、ヘッドの型を取りセルの幅を引いた大きさに加工します。その後にセルを巻いていきます。
 セルは1枚ずつ貼っていきます。付き板接着前には、トラスロッド゙部、インレイ部分を先に開けておきます。

塗装です。右上は、着色後のセルがき中です。周りと合わせるために、色はアンバーを吹きました。

  仕上がりです。

修理 2004-2006
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved