この年代は、いやーな折れ方をするんですよね。接着面積も少ないし・・・
。とりあえず、接着しないと。

 さて、どうやって強度を取るか?
今回は急ぎであることと、弾ければ良いと言うことなのでこの様にしました。これが結構、
強いのです。
 表から鉄ネジ用の金具を埋め込み、ストラップピンを加工しネジ゙を貫通させます。
これで見た目には分からない。あとは、埋めます。


  仕上がりです。

修理 2004-2006
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved