以外と多いネック外れです。
HOFNERは一般的な蟻型継ぎではないので衝撃によりこの様にずれてしまう場合があります
。 写真では分かりづらいかもしれませんが、ヒールに隙間が有ります。

 綺麗に元の接着剤を取り除き、隙間を同質の材で埋めてからの接着になります。
この行程で殆ど終わりなのですが。

 接着になります。
このとき、余分な接着剤が他に付かないようにマスキング゙します。
 当て木で隙間を埋めてあるので、締めこむ力は程々でOKです。力で締めると歪みの原因
にもなります。

 接着終了です。
センターがずれていないかチェックしてこの後、組込に入ります。

修理 2004-2006
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved