今回は、お客さんの希望によりGIBSONに近づけていきます。
但し、ロゴなどは偽物の制作になるので当方で入れません。
お客さんが自作するそうです。

まず、指板と付板を剥がしヘッドの両端を削り取り、GIBSONと同様のヘッドが取れる大きさに変えていきます。

ネックグリップも合わせたいとの事なので、グリップも太らせます。

一日乾燥の間に、セルを制作し新たに制作した指板に取り付けます。
一番外側のセルは指板接着後に貼り付けて、加工していきます。

ヘッドに付板を貼り加工していきます。グリップも仕上げていき、塗装に入ります。

塗装中。

大変でしたが、終了です。

修理 2007-
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved