Gibson 1960's ES-335 CASE
 今回は、Vintage ES335のケース修理です。
すでに合板が無い部分もあります。とりあえず継ぎ接ぎ修理をしていきましょう。

 まずは、金具部分の修理です。元の当て木を除去し、新たに制作して貼り付け。
このとき、特殊なクランプで左右を寄せて着けます。

 ヘッド付近の合板が無いので、マホガニーで再生、接着。その後に全体の剥がれ接着。


  終了です。

修理 2007-
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved