RICKENBACKER 360-12MG
 比較的ある修理なのですが、ロッドを無理に締めすぎると指板が剥がれます。これはロッドが
奇跡的に曲がらず、埋め木の接着が弱くて剥がれることが考えられます。

 やはり、ロッドの曲がりは少なくねじ山もきれいに残っています。まずは指板を接着し、狭くなった溝を
ロッドが入る様にドリルで広げます。

 ロッドは仕込む前に逆そりの状態にします。向きを間違えないように赤マジックで印をつけて、
ゆっくり戻していきます。木部に凹みがあったので、今回はアルミのスペーサーを製作。

修理 2007-
 
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved