この手のプラスチック素材のBGに良くあるのですが、変形してこの様に隙間が出来てしまいます。元々このBGは接着されていません。たまに接着して修理をしている物を見ますが、言語道断です。どうしてかと言うと・・・・・・。

 この様にプラモデルみたいな作りで、接着出来る部分がないのです。もしこれで接着してもすぐ剥がれまし、意味がないのです。
 仮に着いたとしても、木部の動きに合わず表板を傷つける要因になります。
故に、形を整形するか隙間部分を同質の物で付け足します。元々この様な物なので、付け足しても音には影響有りません。また、ビスを閉めすぎると割れますので注意!!

 終了です。今回はBGを整形して直しました。
修理部分の写真が失敗してしまい、掲載できません。すみません。

修理 2001-2003
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved