今回は、トラスロッド折れです。
指板を剥がしロッドを抜いた写真です。初期型の両効きロッドでありがちな、逆ねじが切ってあるエンド部で切れる修理です。

接着面を整形して、新たなロッド(両効き)を入れ再接着します。今回は、元の指板を使います。

指板を再接着しフレットを打ちます。その後全体的にペーパーを当てて、再塗装します。

 終了です。
今回、トラスロッドはUSA物を使用したのでオリジナルのロッドキャップを使用できました。
 元々塗装が艶消しの薄い塗装なので、同じように仕上げました。
お客さんには、元より弾きやすくなったと喜ばれました。この手の楽器は弦高が低く設定出来ませんからね−。修理後の弦高は1弦12Fで弦の下からフレットまで1ミリです。

修理 2001-2003
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved