FENDER JAZZBASS ブロックポジションのJBで比較的多いロッド不良です。
ロッドの無理な締めつけなどによりメイプル材を押してしまい、ローズ指板を押し上げて割れてしまい、ロッドを締め続けても効かないのです。今回はロッドがまだ使えるので交換せずに、木部を補強して目立たないように直します。
 まず、ポジションを取り状況確認。崩れているメイプル材を除去し、ブラスの板で壁を作ります。
それを綺麗に切削し整形、そしてメイプル材で蓋をします。

 同質のローズ板でさらに上から蓋をします。(なるべく木目を合わせて目立たないようにします。)
 ポジションマークを戻し、最終的に仕上げます。


 終了!!
最終的に1週間かけて、ロッドの効きをチェックします。回したり、ゆるめたり、弦を強めに張ったり。問題なかったので、終了。

修理 2001-2003
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved