GIBSONのヒストリックを、よりOLDに近づけたいと言うことでブラジリアンローズ指板に交換します。
 まずは剥がしの作業です。ゆっくり熱とへらで剥がしていきます。

 とりあえず剥がし終わった後は指板接着面を整形します。続いてブラジリアンローズ指板を作っていきます。
 位置をマスキングで確認して、加工します。次にポジションマークを埋めて、セルを張ります。
 セルは、OLDと同じ100%セルを使います。マスキングでセルを張り、1日おいてセルの余分な所を削り取ります。

 鼈甲ポジションでサイドポジションを埋めていきます。接着前に再度、指板接着面の軽い平面だしをします。
 セット部は80年代からあまり良くなかったのですが、このヒストリックからはきっちり作っているのが写真でも分かると思います。でも、高いよなぁ・・・・。
 さて、接着です!ちなみに黒い丸は、工場での指板とのずれを防ぐ物です。じゃまなのでカットしてますが。
 接着剤が、はみ出ないように気をつけましょう。

次回に続く・・・・。

修理 2001-2003
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved