さて、第二回目です。指板の処理からです。
 はみ出している部分を慎重に削り取ります。塗装を傷つけないように。
その後は、セルとグリップ部を違和感の無いように仕上げていきます。

 続いては、指板周りの塗装を元の状態にしていきます。
TOP面はクラックを入れたり、艶を同じにしたり、多少汚したり・・・・違和感がないように仕上げます。
 ネック部は、セルを焼けた色に吹き色も修正します。

Part3へ 続く
修理 2001-2003
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved