ロッドの先端が(写真下左)ご覧のように折れてます。
これは、両効きなので逆ぞりは出来ますが順ぞりに効かせられません。よって交換になります。
(写真右下)このピンは、指板とネックの位置決めピンです。取りあえず剥がしましょう。

  剥がした後は新しいロッドを埋め、次に埋木を制作します。

 埋木を埋めた後、指板接着面を整形します。はずしていたPINを戻します。
次に、指板を接着します。

 指板接着した後は、フレットを打ち仕上げていきます。これで終了です。だいたい納期は3週間位です。
  今回は、エボニー指板、WASHBURN USAオリジナルロッドを使ったのでその分高くなります。



修理 2001-2003
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved