うちは、何で変な楽器が来るのだろう・・・・・。しかも、弦の張り方(順番、ゲージ)を変えるとは・・・。
ナットもこんなに大きいし、有るのかと思ったら、Warrの純正パーツが有りました。良かった。

 ナットをはずし、弦止め部分を弦が通る様に開け直します。BODYも同様に開けます。

 ブリッジも加工していきます。これが結構大変でした。

 弦の張り方は、1弦側からベース弦を張ってく様に変更です。
ペグに入らないところは、弦をほどいて張っていきます。ゲージにより、弦をつないで張っていきます。

 完成です。

修理 2001-2003
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved