今回は、トラスロッド部陥没です。
OLDでは、ロッド部分の木部が弱くなり無理矢理ロッド調整をし木部を崩してしまい、効きが弱くな
ったところでワッシャーを付け足し、それを繰り返してこの様に深くなってしまいます。
 この場合は、表のつき板を慎重に剥がしブラスの板で補強し、メイプル材で陥没した部分を元
のワッシャー位置まで戻します。

 この様になります。
元からロッドが出過ぎた物だったようで、元の位置にしてもロッドナット部からロッドが出すぎなの
でワッシャーを付け足し、ロッド調整がやりやすいように致します。
この後は、ナットを戻し塗装をして完成です。

修理 2001-2003
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved