なんと、今回はGRETSCH JRにHYPER ZO-IIIの回路を入れて、SPも入れるとのこと。
まずは、SP部分、コントロール部の穴開けです。

 さて、SP部分の確認です。こんな感じに入ります。
次に基盤の挿入。中にはスポンジなどでキュッと入るようにします。ノイズ対策に巻物をして
あります。これが結構大変だった。

コントロール部のパーツも組み込んでいきます。配線ミスの無いようにしましょう。
また、バラスのが大変。

長いので、続く。


修理 2001-2003
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved