今回は、なんと木ではないグラファイトなのです。
これは、加工がちょっとずつなので時間が掛かるし刃物に悪い。とりあえず、パーツを
バラしていきましょう。
ちなみにボディィのサイズが35ミリ無いので、かなり際どい加工になります。
本当に慎重にしないと最悪な結果になるのです。

 10ミリ掘ったらこんな事に・・・。
次に、PUの安定のためにプレートを制作しネジで固定します。配線もタイトなので本当に慎重
に加工して行きます。

 PUをのせて、確認をしました。さて、組み込んでいきましょう。

  仕上がりです。いやー大変でした。

修理 2001-2003
Copyright (C) 2007 T.S factory. All Rights Reserved